Officeでのデータ入稿

Microsoft office系アプリケーションのデータについて

Word、Excel、PowerPoint等のMicrosoft Office系アプリケーションは印刷データの作成を目的としたソフトではないため、印刷データへの変換(PDF化)が必要です。

その際、デザインやレイアウト上に不具合が起こりやすく、こうした不具合を調整しお客様の仕上がりイメージに近づけるための変換作業が必要となるため、データ変換料金が発生いたします。

※データによっては変換後の結果がお客様のご希望とは異なる場合もございます。予めご了承ください。

◆OSがWindows Vistaのデータについては入稿対応しておりません。

 

注意事項(発生しやすいトラブル)

Microsoft Office系アプリケーションで作成したデータを印刷データに変換する際、
起こりやすいトラブルをまとめました。

1.文字やフォントについて

弊社ではWindows入稿用に約150種のフォントを用意していますが、それに対応できない書体をご使用の場合、フォントの形状やレイアウトに不具合が発生する場合があります。

お客さまが独自に作成・登録された外字は、印刷データに反映されません。弊社にて別途制作が必要です。

フォントにボールドの設定を行った場合、印刷データに変換の際、文字につぶれが発生するなど不具合が発生しやすくなるため、ボールド設定をするのではなく、イメージに近い太めの書体をお選びいただくことをおすすめします。

 

2.色について

Microsoft Office系データの色はRGBですので、印刷用としてCMYKへの色変換が必要となります。その際、CMYKの方がRGBよりも表現できる色数が少ないため、お客さまがモニターやプリンターで確認された色彩に比べ、印刷物の方がややくすんだ仕上がりになりますことをご理解ください。

※あらかじめ弊社プリンタにてカンプをご確認いただくことをおすすめします。なお、修正等でCMYK でRGBと同レベルの鮮やかさを表現することはできません。

 

 

蛍光色やパステル系の薄い色は大きく変わりますのでご注意ください。

左記の理由(印刷データ作成に伴うCMYK変換)から、Microsoft Offce系ソフトの印刷は実際に使用した色数にかかわらず、原則として1色または4色のみになります。

 

3.レイアウトについて

Microsoft Office系データはプリンタドライバによって文字送りの値が決まるため、お客さまのプリンタドライバと弊社のプリンタドライバが異なる場合、文字送りが再計算され、行末や文末の文字が消える、改行がズレるといったレイアウトの不具合が発生することがあります。

 

4.装飾・加工について

Microsoft Office系アプリケーションの加工機能によっては印刷データに変換(PDF化)する際、正確に反映されず見栄えに不具合を生じる場合があります。下記の装飾・加工機能はトラブルの発生する可能性が高いため、ご使用にならないでください。

 

・ワードアートの加工

解像度が足りずガタガタした見栄えになったり、影が砂目のようになることがあります。

・点や線による装飾

線の細さによっては、印刷時に消える場合があります。また点線については、PDF書き出しの際に太さや形状が大きく変化する可能性があります。

・半透明による装飾

Microsoft Office系データの半透明加工は、印刷工程における様々なデータ変換をかける際、大幅にイメージが変わる、無効化されるといった不具合が発生します。

・パターンによる装飾

パターン塗りで加工した画像は、画面の拡大・縮小によって見た目が変わるため、選んだパターンが希望通り反映されない場合があります。

友だち追加

What's New

挨拶状専用コーナー【製作中】